【簡単】管理栄養士試験の計画を立てる方法

『管理栄養士の国家試験に向けて、勉強を始めたいけど、計画を立てる必要はあるの?必要があっても、どうやって計画を立てたら良いのかわからない。くわしく教えてほしいな。』

計画を立てるって、具体的にどうしていいかわからないですよね。

この疑問についてお話しします。

※この記事は、3分ほどで読むことができます。

3分後には、試験に向けて計画を立てることができます。

【簡単】管理栄養士試験の計画を立てる方法

こんにちは、管理栄養士10年目のプニスケです。

今回は、『管理栄養士試験の計画を立てる方法』についてお話しします。大切なことは2つだけです。

✅本記事の内容
【簡単】管理栄養士試験の計画立てる方法
・計画を立てる必要性を知ろう
・実際に計画を立てましょう(くわしく説明します)
・まとめ

計画を立てる必要性を知ろう

必要性を感じずに、計画を立てても行動するのは難しいですよね。自分の中で、計画を立てる必要性がわかったら、計画を立てようと気持ちが動きますよね。

✔️目標立てると3つの良いこと

①効率が上がる

計画を立てると作業効率が上がります。なぜなら、今日やるべきことが明確だからです。「今日は何を勉強しようかな?」悩む時間がないからです。例えば、「5km走りましょう」と「今日は走りましょう」を比べた時を、少し考えてみて下さい。ゴールがないと「いつまで走ればいいのだろう?」となり、走ることに集中できません。しかし、5kmという達成する目標があると集中して走れますよね。勉強も同じです。計画を立てると、ゴールに向かって集中できるので、効率が上がります。

②目標管理ができる

例えば、100ページある参考書を20日で終わらせるという計画を立てます。その場合1日5ページすすめる必要がありますよね。もし、10日たって50ページまで進んでいないと、20日で100ページは終わリません。このペースでは終わらないなと気づくことができ、勉強時間を増やすなどの対策を考えれます。これが目標管理です。目標を達成するために「課題」を見つけ「対策」を考えることができます。これは、計画を立てていないとできないことです。

③達成感がある

「できた!」と達成感があると、モチベーションも上がり、自信もついてきます。少しずつ達成感を積み上げることは、長期で試験勉強にとりくむことができて、結果として試験点数が良くなります。

実際に計画をたてましょう(くわしく説明します)

計画を立てる必要性を理解したら、次は実際に立ててみましょう。

✔️実際に立てた計画をもとにくわしく説明します

4月 管理栄養士国家試験を解いてみる

まずは、最新の過去問を1年分解いてみましょう

✔️なぜ過去問を解くの?
・管理栄養士試験はどんな形式で出題されるか
・過去問を1年分解くのに、どのぐらい時間がかかるか
・今の自分の実力を知る
・実際に体験するのが大切

✔️具体的なアクション

・最新の過去問を1年分まずは解いてみる。

・途中で答え合わせをせず、教科書は見ないで解く。

・すべて解くまでにかかった時間は、記録する。

✔️解いた後のアクション

・200問中、何点とれたのか確認

・合格点まで、あと何点必要か確認

・9分野でみた時に、どこが点数が良くて、どこが点数が悪いかを確認

問題を解いただけでなく、ここまで分析してみましょう。

4〜11月 参考書を中心に勉強をすすめていく

①自分にあった参考書を1冊選ぶ(多くても2冊まで)

色んな参考書を買いましたが、使用したのは「クエスチョン・バンク」のみです。(他の参考書は、ムダになりました‥)

1040ページとかなりボリュームがあり、重たいのが難点です。つねに持ち運びしていたので、筋トレになりました。

②クエスチョン・バンクを進めていく(他の参考書の方は、使用している参考書でOKです)

✔️勉強する手順

1)人体の構造と基礎栄養学を学ぶ

2)臨床栄養学と応用栄養学を学ぶ

3)食べ物と健康

4)社会・環境と健康と公衆衛生学を学ぶ

5)給食経営管理論と栄養教育論

1〜5の順番で、クエスチョン・バンクを読みながら、理解していきます。わからないことは、かならず教科書で確認し、クエスチョン・バンクに直接かきこんでいきます。クエスチョン・バンクを見たら全て理解できる参考書にしていきます。

※参考書が汚くなるから、ノートにまとめるのはNG!ノートをきれいにまとめようとして、時間がかかります。汚くなるのが嫌な場合は、付箋に書いてみて下さい。ちなみに私は、赤ペンで書いていて、問題を解く時は、赤シートで隠していました。

✔️毎日勉強を計画するのが苦手な方へ、挫折しない方法
今日は、「これだけは絶対にするところ」と「できればここまでやるところ」の2つに分けると挫折しにくいですよ。

③過去問や模擬試験をとく

過去問や模擬試験を解いていきましょう。勉強した内容がしっかり理解できるか確認するためです。社会人の方でも、模擬試験は受けることができるので、ある程度勉強したら受けましょう(料金は、会社によって異なるみたいです。)

④模擬試験のやり直しをしていきましょう

どの分野が、どのくらい理解できているのか?しっかり分析して、受けたことがムダにならないようにしていきましょう。

12月〜2月 過去問と模擬試験をひたすら解いていく

この時期は、ひたすら過去問を解きましょう(過去5年分でOKです)模擬試験も一緒に解いていくと理解が深まります。

※この時期に、使用していた参考書を変えるのはNG!使い慣れた参考書を使用して下さい。

3月 試験直前

今まで勉強を頑張ってきた自分を信じましょう。この時期に無理はNGです!

・しっかりと睡眠と食事をして、体調管理をしましょう。

・試験当日に必要なものは、前もって準備し、試験当日に慌てないようにしましょう。

・会場がわからない人は、事前に下見しておくと、当日安心して会場へ行けます。

まとめ

✔️計画を立てる必要性を知ろう

✔️実際に計画をたてましょう

しっかり準備して行動していれば、緊張せず、平常心で試験にのぞむことができます。さっそく行動して、管理栄養士試験に合格するのを応援しています。

よかったらシェアしてね!